夏はタトゥー隠しを使おう|コンシーラーで簡単カバー

レディー

使い方と選び方

石けん

パックは放置しすぎない事

ピーリング石鹸は泡パックをするとピーリング効果が高くなります。しかし、長い時間泡パックをしたまま放置すると、肌を痛めてしまいます。泡パックは1分〜3分ぐらいするのがベストです。パックが終わったあとは角質が取れてツルツルになります。ピーリングする前よりも皮膚が薄くなり、紫外線が届きやすい状態になっています。そのままにしておくとシミが発生するリスクが高まるので、しっかり保湿をすることが大切です。ピーリングの後に使用する専門のローションも売られています。高い保水効果があり、乾燥を予防する働きがあります。朝出かける前にピーリング石鹸を使用すると紫外線ダメージを受けやすくなるので、夜のみ使用するのがお勧めです。

肌質別に選べる

美白効果、皮脂抑制効果、アンチエイジング効果などがあり、肌を若く白く美しくする石鹸がピーリング石鹸です。古い肌はくすみ、ざらつき、凸凹、色素沈着などが出来やすく、ファンデーションのノリも持ちも悪くなります。ピーリングをすることで生まれたてのようにツルツルの新しい肌になり、メイクも楽しくなります。ピーリング石鹸は薬局にもいくつか売られていますが、オンラインのほうが種類が豊富です。医療機関開発のピーリング石鹸もオンラインで購入できます。AHAの濃度に合わせて、乾燥肌用、敏感肌用、乾燥肌用に分かれているピーリング石鹸もあります。肌質別タイプなら、初心者でも自分の肌質にあったピーリング石鹸が選べます。